上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.24 思いやり
ウチの双子たちを見ていて思うけど、
とっても小さくても相手を思いやる気持ちがあって、
その思いを行動にうつすことができるんですね。

最近は保育園でも自分より小さい子に
譲ったり気遣ったりしているみたいです。



思い返せば、1歳になったかならないかくらいのころから
お互いを思いやるような行動がみられていました。

相手が泣いていると、
心配そうに見つめていたり
お気に入りのぬいぐるみやら何やらを渡してみたり…



本当はもっともっと赤ちゃんのころから
思いやる気持ちはあるのかも。。。


というのは、まだ子供たちが母乳を飲んでいるとき
それを思わせる出来事がたびたびありました。


双子の場合、同時にあげることもありますが
それをすると私は消耗するので
できるだけ一人ひとりあげていました。

先に泣いた方に母乳をあげるのですが
しばらくすると、もう一人も泣きだし
そうすると飲んでいた方の子がパッと口を離すのです。

おっぱいの譲り合いか?

たまたまかなぁ、と思っていたのですが
けっこういいタイミングだったりすることが多いんです。


赤ちゃんの場合は感じることがあっても
それをちゃんと表現することもできないし

ましてや行動することなんてできないからわからないだけで

本当はそういう思いやりの気持ちがあるんじゃないかな~

もちろん母親に対しても。

子供は子供なりに感じているんですよね。



なんて、勝手な推測ですが(^^;



親として、そんな小さな思いやりの気持ちを
そのまま持ち続けられるように育ててあげたいです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。